今日も不快音がきた

カルト(創価や在日)の仏罰ゴッコ(集団ストーカー)の被害者です。 その手口(創価と在日で大動員し口裏合わせての嫌がらせ) やハイテク解明と対策を試行錯誤中です。 が‥‥この対策は 『世界監視システム』対策にもなる様です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8 集スト対策

※俺は自殺はしないが、もし、Twitterのツィートが数日止まったら①創価学会に殺された②創価学会に自殺する様に追い詰められた③創価学会の手によって犯罪者にしたてられた④創価学会に精神病院に入れられた。と思ってください。#創価学会 #内部分裂 #池田大作の必要としない新体制づくり

★★対策★★★★

※出来ればブレイカーを落とした状態が望ましい。

電磁波攻撃は目に見えず確証が無いから被害者を精神病扱い出来たが

【全国の被害者】が電磁波測定器トリフィールドメーター等で数値の、
目に見える形の動画の証拠には、

気のせいとは言い出せず、

警察も通報されたら(嫌々?)動くしかなくなる。


★★★★★★★★★

オレの家の周りには車のカルトナンバーばかりで、

12‐34(連番)2台

18‐18(引き算すると0になる)1台

33‐35(並び3桁)が1台

・・・8が1台

のナンバーが5台も止まっている

流石に4444(並び4桁)は無いww

このカルトナンバーは集団ストーカーの大動員の時に市外、県外に呼ばれるのだろう。

逆に言えば集団ストーカーの被害者は上の様な【カルトナンバーに囲まれている】と言える。

★★★★★★★★
この方法でも近場では簡単に集団ストーカーはされるが
遠出の旅行での集団ストーカーが嫌がる、今、最強は対策として

①出掛ける前には車にGPS発信機がないか点検する(GPS発信機があればチャンスTwitterやブログに写真を貼る)。

②GPS携帯の電池を抜いた状態にする(電源オフではGPS追跡アプリは作動している)。

③出掛ける時は携帯を自宅に置いて行く

④GPSが無い携帯を持つ、またはGPS携帯解約。


★★★★★★★★
集団ストーカーの車のタイミングとして
かりに、ターゲットが車で帰宅する時の集団ストーカー的のタイミングは、
こんな感じとしてなら個人(数人)でも可能である。

※今回は営業マンが会社から、いただいたGPS携帯電話で
営業マンの居場所が地図に表示され(喫茶店、映画、パチンコ屋、公園等の)サボリがわかる方法は除きます。

①バイト3人を雇う(好奇心旺盛の仲良し3人組でも良い)。
それと3人は連絡用のGPS携帯電話と
車3台(出来ればカルトナンバーが望ましい)を用意。

②GPSで子供の居場所がわかるマモリーノ2をターゲットの車内に置いて置く。
または
ターゲットの携帯電話にカレログを仕掛ける。

③指導者がそれを自宅や基地でパソコンにターゲットの居場所が地図に表示される。
または
後ろにスモークの貼ってある車の中からターゲットの居場所が地図に表示される

④帰宅する道順はわかっているので後はタイミング。

⑤バイト3人と車3台に帰宅する道に数カ所で待機(駐車場での待機や車をハジに寄り携帯をかけているフリやノロノロ運転含む)。

⑥指導者がターゲットのGPSを見ながら1人の携帯に今だ行って!と(残り2人も同じ方法)命令

※集団ストーカーの加害者は携帯電話、ハンドフリー無線機、掲示板(などのネットで写真やら情報交換)で連絡、命令してます。
※集団ストーカーのカルトナンバーの加害者側の車内にも(2~5台の固まりチームとし)
被害者のGPS携帯の位置地図情報がカーナビまたはテレビ画面または携帯にモニターされてます。
※集団ストーカーの監視役には被害者のGPS位置とカルトナンバーの加害者側のGPS位置が地図に表示され
被害者にカルトナンバーを見せれたか?成功失敗したかがわかります。


⑦ターゲットが曲がろうとしたらなぜか邪魔な車がタイミングよく来る(カルトナンバーなら効果抜群)

※ターゲットの1台だけであり(前に車が無い状態)+あまり車が通らない道+狭い道+寄る自動販売機などや店が無い道なら、
楽勝99%偶然を装える事が出来る。

※ターゲットのGPS携帯の位置と、雇った3人のGPS携帯の位置が同時にモニターに表示されているなら、
なおさら、
タイミングや失敗成功がわかりやすい。

ただし
①ターゲットが車を車内外を点検してGPS発信機(マモリーノ2みたいなもの)が取り除かれ、

②ターゲットのカレログを仕掛けたGPS携帯の電池パックをハズされると
(携帯の電源オフぐらいならGPS追跡は可能)尾行以外、難しい。


ただし(集団ストーカーなら)
ターゲットの車に家族や友人も一緒なら
(すでに集団ストーカーにターゲットの家族や友人関係はデータベース化されている)

その家族や友人の携帯のGPSを追跡すれば良いだけ。

★★★★★★★★★

日本人を監視するにはGPS携帯電話の存在が必要不可欠であり、
それで個人の居場所を特定や個人のデータベース化に活躍します。

集団ストーカーの(日本人の)加害者側も監視の対象であり

(今は日本人の生活保護者にもGPS携帯を持つ事が許されてる)

集団ストーカーの被害者は諦めるしかないのです。
(日本人は個人情報保護など無いと思った方が良い。)

★★★★★★★★


集団ストーカー(カレログやマモリーノ2含む)対策として

①つねに携帯電話の電池パックをハズしておく。

②毎回GPS携帯電話を持たないで出掛ける。
または携帯電話を解約
または滞納して携帯電話を解約する。

③古いGPSの無い携帯電話を持つ(電池持ちが悪い)
※本音は新しいGPSが無い携帯電話が望ましいが無理ですよね。

④携帯電話のGPS機能を壊してしまう(ただし携帯電話がまともに動かなくなる可能性大)

⑤旅行には家族や友人にも携帯電話の電池パックをハズしてもらい使わない様にしてもらう。

………
車にGPS発信機が付いてないか点検+GPS携帯の電池をハズすだけでなく
それにプラス

⑥遠くに出掛ける時はICカードを抜いた携帯を持ち
(ただし電話、アプリ、GPS、ネット、メール下手すれば時計すらも見れない携帯もあり公衆電話任せ)
帰宅したらICカードを入れネット、メール、アプリをする
(または昔の携帯電話があったらそれにICカードを入れてそれを自宅電話やメール連絡用とする)

※だだし自宅から近場では24時間監視とデータベースで予想されているので
携帯を解約しても
携帯を持たなくても
携帯の電池を抜いても
車にGPS発信機が付いてなくても
また携帯のICカードをハズしてあっても
近場では集団ストーカーに先回りはされます。

遠くに行かれたら人工衛星からの監視尾行は不可能なので
手間がかかる尾行とデータベースの予想以外無くなる。
高速道路入り口に止まりどちらに行ったか報告。またパーキングに待機や道の駅待機とか

※ただし旅行の車の乗車に家族友人がいるなら
その家族友人のGPS携帯を逆探し地図上に出せば良い。
そのためのデータベース化である。

やはり一番いいのは
メーカーに携帯電話にGPSを付けない携帯を発売してもらう事です。
それには政府に監視社会防止法案(携帯電話にGPSを付けない)を作り通してもらう事です。

※スパイ法とも言う
スポンサーサイト
  1. 2030/12/01(日) 11:17:19|
  2. Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。