今日も不快音がきた

カルト(創価や在日)の仏罰ゴッコ(集団ストーカー)の被害者です。 その手口(創価と在日で大動員し口裏合わせての嫌がらせ) やハイテク解明と対策を試行錯誤中です。 が‥‥この対策は 『世界監視システム』対策にもなる様です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

★被害者なら【当たり前】のようにしてる事3










超音波の指向性スピーカー
三菱ここだけ(1台 約140万円)

※指向性電磁波(マイクロ波)とは違います。

―――――――
※警察は創価公明党が人事や予算を握っている。

※生活保護は創価学会員なら公明党が役所に圧力をかけ受理させる。
普通の日本人では門前払い

※集団ストーカーは創価の信者確保、脱会者や反創価の見せしめも含む。
 加害者は
学会員、創価企業、創価協力企業、生活保護者、
精神科医、薬会社、警察、役所、兵器実験関係、アダルト関係、マスコミ関係、復讐屋、拝み屋、探偵屋、別れさせ屋、
引っ越し会社、オーディオ関係会社、車屋、テレビ関係、ゲーム会社、土木建築関係、電気屋なども絡む

―――――――――
1)いつでも、突然、
ほのめかし、罵声、叩く音、咳や馬鹿笑いをされて、ビックリしないように、緊張をほぐすため、
また心臓の負担を少なくするために
毎回、【肩の上下運動】をしておく。

2)共鳴効果は
※共鳴している物を止めれば、遠くに小さく同じ音(共鳴効果の音声送信含む)が聞こえる。

・電気機器(冷蔵庫、冷凍庫、エアコンや外付けファン、扇風機、蛍光灯など)
・ヤカンの沸騰音、寝息音、耳なり音、心臓音など
・風の音、雨の音、川の流れる音、虫の鳴き声、鳥の鳴き声、など

3)
電磁波攻撃、音声送信、共鳴効果攻撃は、
・窓ガラスからが多い
・方角(東西南北)と角度(下から、上から、水平から)を知る事が大事。
・攻撃が来ている方向が発信源とは限らない。反射(車や壁含む)も考える事。

4)家宅侵入の時に電気機器に傷や壊れやすくする工作をする事がある。(例)として
・車に傷や紛失、事故工作、GPSを取り付ける(内部配線のGPSも有)
・洗濯機のホースに傷つける、掃除機の工作他、
・ファンや配線に傷つけ故障させる、携帯の充電器に細工、電気機器の工作、盗聴器、カメラの設置もある、
・pcに細工、ウイルス、DATA消去、ブログ消去、暗証番号を入手他、

5)マイクロ波を受けていると記憶が飛ぶので
いつ、どこで、誰が、何を、したか、証拠は(写真や録画、音声録音、品物、目撃者他)を細かく
日記帳(またはブログ)に付ける。
※命と言うべき日記帳(証拠やヒントの宝庫)は、いつも身に付け盗まれ無い様にする事。

6)後頭部にマイクロ波を受けていると極端に視力が落ちるので
目をいたわり、目の健康的な物を食べたり飲んだりしましょう。

7)最近の携帯電話は電池を抜いても予備電源でしばらくはGPS情報を送っているようなので
出掛ける1時間前には電池を抜いて置く事。
※携帯内部のGPS受信機、GPS発信機だけを壊せば………携帯その物が作動出来なくなる仕組みになっている。

8)出来れば携帯のお店に行きICカード(電源ONにした時に呼び込んでいるアレ)のナンバーを(IP)
2か月に1回は変えてもらうのがベストなんです。
問題点として
※携帯のICカードナンバーを変えるのは『IP(携帯の住所)』も変わり『別人になる』という事。
今までのTwitterもブログ等もログインが出来ず、別人として初めから設定し直さないといけない。

※携帯電話のICカードナンバー(IP)は国民総背番号と同じ位に国民を監視(盗聴やGPS)するには便利な物。
※それを毎月変えられては監視側(創価警察や創価公安含む)もキレる。
※携帯会社から拒否される(解約したと同じだと解約違反とか言われそうだ)

9)出来れば携帯電話を解約し、持たない。
電話は自宅の電話機のみ。メールやネットは帰宅後にpcでやる事(pcの電磁波妨害があっても我慢する)

10)携帯電話だけをメモ帳変わりに持ちたいなら
ICカード(電源オンの時に呼び込んでいるアレ)を抜いて持っている。それなら電池バックを抜く必要も無し。
ICカードを抜くとネットは繋げないが、
過去のメールの内容や、取り込んだ画像や動画は見れ、カメラは使える(見れない、使えない機種あり)

11)音声送信には
①指向性スピーカー+不快音、
②指向性電磁波+不快音、
③幻聴を導く音とリズム(代表はゴボゴホ音やモールス信号やバック音他)
④電気機器の共鳴効果をつかった音声送信(冷蔵庫のファンの音、扇風機他)
⑤電気機器以外での共鳴効果の音声送信(ヤカンの沸騰音やストーブの音、強風や雨の音、川の流れる音)、寝息(片方の鼻をつまんでみる)
がある。

そんな時には必ずリズムが存在する(我々は宇宙人だ、百人一首?、和歌のリズムなど)
そのリズムを知れば音声送信を自分のいい様な音声として、かぶせる事や反射ができる。
それには
・指で腕を叩いてリズムをつける
・指で波形を描く
・指で左右に横一線往復
・指でUの字を往復
をしてリズムを把握してみる事。

それと音声送信がされている人は思考盗聴もされているので(音声送信と思考盗聴はワンセット)
※思想盗聴とは、簡単に言えば喉の筋肉を読む技術で(相手はその思考盗聴した物を流してくる攻撃)

言葉を出さなくとも『なにコイツ』と心の声を発すると喉の筋肉が動く(思うとは違う)。
それだから怒らせれば怒らせるほど読みやすくなる。

今はこの思考盗聴を逆利用して創価学会の矛盾点や脱会や朝鮮人の矛盾点を促す事が当たり前になっている。
スポンサーサイト
  1. 2031/05/21(水) 03:15:21|
  2. 電磁波攻撃
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。